日本に来る観光客には民族衣装の着物がかなり人気だが、価格も気軽に着られるという意味でも、浴衣が人気だ。

花火の衣装はなんてたって浴衣が一番
花火の衣装はなんてたって浴衣が一番

お土産の民族衣装としての浴衣

美しい着物は、外国人にも人気があるそうです。
アメリカにいたことのある友人は、アメリカ人がインテリアとして、壁に着物をかけているのを見たそうです。
また西陣の立派な帯などは、テーブルセンターとして利用する人もいるそうです。
私たち日本人としてはびっくりするような利用法ですが、着物の素晴らしさを認めている点では嬉しいことです。
私も着物が好きなので、よく行く呉服屋でも、外国人が着物を見ているシーンに何度か出会いました。
店員に聞くと、日本に住んでいる駐在員の奥さんが、娘さんのために、着物や浴衣を買いたいのだそうです。
また観光で一時的に日本に着ている人も、お土産に、日本の民族衣装である着物を捜しに来る人も少なくないようです。

ただ、私たち日本人でも着物を着るのは簡単ではありません。しかも下着から小物まで、ちゃんとした着付けをしようと思うと、かなりの労力と金銭がかかってしまうのが普通です。
しかも自国に帰ってしまえば、着付けをしてくれる人はいなくなります。
そこで、衣装として自分で着たい人の場合は、手軽な浴衣を買うのだそうです。
浴衣は本来、文字通り湯上りや寝間着などとして使いますが、今では夏のおしゃれ着として若い人にも人気です。
花火の時期になると、若い男女のカップルがお互いに浴衣を着て、街を歩いているのを何度も見たことがあります。
それに最近の浴衣は、柄も豊富だし、小物を組み合わせれば、普通の着物に負けない位ファッショナブルにもなります。
こうした着物や浴衣が、世界的にも認知されるのは日本文化の発信としても、とてもよいことだと思います。