最近の浴衣は何かの衣装として使えるほど華やかな着付け方をして若い世代にもより楽しんでもらえるようになりました。

花火の衣装はなんてたって浴衣が一番
花火の衣装はなんてたって浴衣が一番

何かの衣装みたいな素敵な浴衣の着方を楽しもう

近年、浴衣がとてもお洒落になりました。
浴衣がお洒落になったというか、お洒落な着方を楽しむ若い世代の人達がとても多くなりました。
これは日本の文化継承にとても好ましい事であると考えてよいでしょう。
数十年前までの浴衣の着付け方とはかなり違っていても、浴衣の雰囲気は十分に残っている、素晴らしい着こなし方が出てきた事は好ましいです。

この浴衣は、温泉旅館などに宿泊したら、部屋着やパジャマとして着る物から、昔風の、いわゆる正式な着付け方で着る物まで、実に色々あります。
正式に着るとは言っても、普通の着物のように色々な物を使って、しっかりと着る物ではありません。ですから、自分である程度正式な着方が出来る人も結構います。
また、ごく最近の若者がよく着ているお手頃価格の浴衣は、簡単に着られるようになっている物が多いです。
ですから、この簡単に着る事が可能なタイプの着物はドレス感覚、ワンピース感覚でどんどん着てみるべきです。
とにかくお手頃価格の浴衣ならば、色々着てみて、浴衣にしかない華やかさを楽しんでみたらよいでしょう。
柄によってはかなりの年配の人が着ても全然不自然ではない、とても素敵な浴衣がたくさんあります。
もう、夏などは洋服の感覚で、多くの人がどんどん着るようになるほうが素敵ではないでしょうか。帯との組み合わせ、他の小物などのつかいかたによっては、同じ浴衣でも何かの衣装として使えるほどに華やかになったり、伝統を伝えるように保守的になったりします。
そんな浴衣をシーンに合わせて、あるいは同行する人に合わせて、魅せ方を変えるのもとても素敵です。