日本の夏の衣装といえば浴衣ですが、最近では浴衣を着た人に対するサービスを行う企業も少なくありません

花火の衣装はなんてたって浴衣が一番
花火の衣装はなんてたって浴衣が一番

夏の定番衣装といえば、やっぱり浴衣

日本の夏を華やかに彩る、伝統的な衣装といえば、浴衣を置いて他にはありません。生地が軽く、通気性にも優れ、何よりも絵柄がとても夏らしく、見た目から涼しくなるような気がします。
そして最近の若い女性の間では、ただ普通に浴衣を着るだけではなく、もっと足を出してスタイリッシュに着てみたり、髪飾りや小道具や草履を斬新なものにしてみたり、色々な工夫をして、ファッション性や個性を表に出している人が多いです。
そうすることで、浴衣を着ることに対して、多くの若い人が抱く抵抗を軽くしているように思えます。

また最近の傾向としては、夏になると色々な企業や飲食店、イベントなどで、浴衣を着てきたお客さんに対する割引サービスや一品サービスなどのキャンペーンを行っているのをよく見かけます。
どうかするとドレスコードが「浴衣」というイベントも見かけるようになりました。
夏に見かける浴衣姿の女性はとても風流できれいな雰囲気なので、企業側でも歓迎しているのだと思います。
それに今の日本の節電、クールビズ推奨の傾向としては、日本の夏を過ごし易くする、伝統的な衣装の浴衣がもってこいなのは間違いありません。浴衣を着ることによる電気代、電気使用量が削減が大いに期待されます。

浴衣を日本の伝統的な衣装として格式高いものと考えるのではなく、夏のファッションの定番として取り入れ、自分の個性を出してアレンジしながら、日本の蒸し暑く厳しい夏を、少しでも快適に過ごしたいものです。