浴衣は夏の風物詩ともいえる日本人に愛された衣装です。お祭りや花火大会で着用している方を見ます。

花火の衣装はなんてたって浴衣が一番
花火の衣装はなんてたって浴衣が一番

夏の衣装といえば浴衣

夏の花火大会やお祭りのシーンで老若男女とわず着用されている浴衣ですが、元々は当て字で「湯帷子(ゆかたびら)」の略であり、入浴時や入浴後に着る帷子という衣装の事です。
平安時代中期にはすでに存在し、江戸時代以降に、入浴に関係なく夏に着る単衣をゆかたと呼ぶようになりました。
種類としては、昔ながらで高齢の方が着やすい伝統浴衣と、夏の着物風であり若者が好んで着る色柄のモダン浴衣があり、最近ではレースをあしらったものなども人気でよく見かけるようになりました。
浴衣は下着をつけないと聞いたことがありますが、肌襦袢や裾よけを身につけるものです。
簡単な浴衣用下着も売られていますので、そちらの方が簡単で良いかもしれません。

帯の結び方もそれぞれ独特になりつつあります。
種類も豊富になりとにかく便利になりました。
下駄に慣れず痛い思いをした経験がありますが、下駄が基本で、指の付け根まで鼻緒をいれずに、指で挟むようにしてつっかけるように履きます。

しかし今では、履きなれたビーチサンダルで歩いている方も多いのであまり気にしなくてよくなってきたかもしれません。着方にもいろいろあります。
着付けは覚えさえすれば一人でも簡単にできます。
鏡を見ながら衣文の抜き具合をしっかりチェックします。
このバランスで見る人によってはだらしない印象を与えてしまったり、苦しそうだなと思われてしまったりします。
アクセサリーは清涼感を失いますので必要ありません。